鳴海屋について


素材はいのち。味は文化である。




その昔、博多の味を知り尽くした男がいた。



昭和3年、鳴海屋は、博多の対馬小路に米穀商として創業。
その後、第二次世界大戦を迎えて米が配給制度になり、業態を食料品全般の卸売業へと転化させていきました。
戦後、博多に新しい食文化が朝鮮半島から伝わってきました。そのひとつが辛子明太子です。
鳴海屋は、博多の食品卸問屋として、博多の食文化を支え続けてまいりましたので、辛子明太子づくりにも多大なこだわりを以て挑みました。
その立役者が、今に続く品質と味に妥協しない鳴海屋の礎を作った、先々代社長 北島幸二郎です。
幸二郎は、博多の一流料亭、一流ホテルをくまなく歩き、博多の味を知り尽くしていました。



素材を求めて北へ。品質の良しあしが大事。


鮮度の良い食材が手に入る博多では、素材の味を活かす料理が好まれます。そんな博多の通をうならす、辛子明太子でなければならない、と先々代が向かった先が、明太子の原料となるタラコを仕入れる北海道です。
素材は料理のいのちです。 水揚げされたスケソウダラから取り出したタラコの品質を一つ一つ吟味しました。先々代は仕入れ先と面談を重ね、納得がゆくまでタラコの質、加工の指示指導を行いました。その布石があって今も、タラコの品質が守られ続けられています。




味にうるさい一流の料亭が認めた味。



さらに、鳴海屋がこだわったのが味です。博多の食通は、素材の旨味を楽しむため、極力、調味料の量を控え、タラコの持つ本来の味を最大限に生かした辛子明太子を創り上げました。
鳴海屋のめんたいは、九州の地酒や吟味された唐辛子などの調味料を使い、鮮度の良いタラコをめんたい作りの職人が一列に並べ1本1本味付けをしていく方法で、丹念に漬け込んでいます。
数年に及ぶ先々代のこうした努力があって昭和43年、「鳴海屋の辛子めんたい」が誕生。福岡でも数えるほどしか明太子を販売していない中、素材の旨味が生きた明太子として評判になりました。当時確かな品物しか扱わない百貨店岩田屋で、最初に販売された明太子が、鳴海屋の辛子めんたいです。
鳴海屋は一流の料亭に高級食材を卸しており、当然、この明太子にも注目が。味に厳しいプロの目にかない、今もなお日本有数の名だたる料亭で愛されています。
素材の味を引き立て、手を加えすぎない。 これこそが本物の食通が求めた味だったのです。








昭和40年代に博多の味を知り尽くした男がたどりついた、博多の味に合う明太子。
創業から80年超えても、そのこだわりが今も継承され、品質へのこだわりにも磨きがかかりました。
食品メーカーの責任として品質管理を重視し、ISO9001の認証を取得。 博多の料理人も唸らせる、タラコの味を活かす秘伝の製法を守りながら、食の安心・安全を追求しています。
「本当に旨い!」と、お客様から喜んでいただけるその一言のために。
私たち鳴海屋は、素材の品質と博多の味にこだわり、博多の食文化を守り続けてまいります。

会社案内


ごあいさつ

地球の幸をお届けします


自然な海に囲まれた環境を愛し、海の幸に多く恵まれ、 新鮮な味わいを誰もが願っています。
鳴海屋はより優れた視野で見続けて充実した食材をお届けしていることを誇りに思っています。

みなさまが安心して、味わえるように常に研究し、 画期的な製品作りを心がけています。

鳴海屋の根源には未来を繋ぐ表情があります。
地球の優しさを一緒にお届けします。
昭和3年(1928年)に米穀商として、福岡市博多区対馬小路に創業して以来、鳴海屋は博多の「食文化」の求真と創造に取り組んでまいりました。
時代変わっても探究心は変わらず、お客様のニーズにあった食材をお届けしております。
独自製法によります「めんたい」につきましては、自然と健康を考え、新製品はもとより「減塩、無着色めんたい」や、自然界の素材を活用したパッケージ等のエコ化を実施しております。
これからも鳴海屋は創業以来の食文化への貢献という伝統を受け継ぎ
「品質本位、こだわりの味」を追求してまいります。



会社概要

会社概要

会社名 株式会社 鳴海屋
代表取締役 北島 輝久
資本金 10,000万円
従業員数 75名
所在地
事業本部 福岡市博多区住吉4丁目1の15
[TEL]代表 092(471)0002番
[FAX] 092(471)1118番
ショールーム 同上
[TEL]代表 092(471)1616番
東京支店 東京都中央区勝どき5-11-11
[TEL] 03(5534)8157番
[FAX] 03(5534)8152番

営業種目

業務用食品卸 営業部

洋食 ホテル、レストラン、スナック材料
和食 料亭、割烹、懐石料理
喫茶 自社焙煎珈琲豆、ソフトドリンク材料
中華 中華料理素材
酒類
米類
全酒類
各種
精製、食卓、並、荒他
加工食品 製造部
珈琲豆自社焙煎、鳴海屋のめんたい、かつお削り

主な取引先

・味の素(株)
・カゴメ(株)
・三菱商事(株)
・三菱食品(株)
・国分(株)
・マルハニチロ(株)
・日清オイリオ(株)
・(株)ミツカン
・ネスレ日本(株)
・キッコーマン(株)
・東亜商事(株)
・キユーピー(株)
・エスビー食品(株)
・エム・シーシー食品(株)
・三洋食品(株)
・ギャバンスパイス(株)
・創味食品(株)
・ニチモウ(株)
・広洋水産(株)
・甘利香辛食品
・福岡中央魚市場
・ジー・エフ・シー(株)
・山福(株)
・漬善(株)
・金印ワナー物産(株)
・明治乳業(株)
・今泉酒類販売(株)
・福岡第一国分(株)
・ヤマエ久野(株)
・(株)ナカトラ
・九州ソルト(株)
・マルヒ食品(株)
・丸松物産(株)

主な取引銀行

・三菱東京UFJ銀行福岡支店(当座9012494)
・十八銀行福岡支店(当座7856)
・福岡銀行渡辺通支店(当座4782)
・西日本シティ銀行渡辺通支店(当座227327)

会社沿革

社歴

昭和3年10月 福岡市下対馬小路にて米穀商を創業
昭和14年3月 米穀商企業合同で配給制度により廃業
昭和21年4月 福岡市柳橋連合市場にて食料品業開始
昭和27年8月 鳴海屋 春吉1丁目10街区2号に新築
昭和37年4月 株式会社鳴海屋で発足(資本金400万円)
昭和39年9月 資本金600万円に増資
昭和43年6月 福岡市博多駅前2丁目18の3 鳴海屋ビル落成
昭和43年10月 福岡市住吉4丁目1番15号 鳴海屋本社ビル落成
昭和44年12月 資本金1000万円に増資
昭和52年4月 東京出張所新宿区に開設
昭和58年10月 本社ビル増築
昭和60年3月 大阪出張所開設
昭和63年5月 資本金2000万円に増資
平成元年3月 資本金3000万円に増資
平成2年1月 資本金6000万円に増資
平成3年2月 資本金10000万円に増資
平成3年11月 鳴海屋参番館
平成8年5月 東京都中央区新川 東京支店
平成9年8月 大阪府東淀川区東中島 大阪支店
平成26年4月 大阪支店を東京支店に統合
平成27年4月 東京支店移転

 

 

コメントは停止中です。